冷えは身体の悲鳴とも! | 渋谷マッサージ|ARONASPA(アロナスパ)

Arrow
Arrow
Slider

ARONASPA(アロナスパ)

体に効く話

2017/4/11  12:00

 

 

実は最近若者を中心に35℃台の低体温の人が目立
っているのです。体温は36.5~37℃が望ましく、体
内深部の温度は37~38℃が理想的なのです。

 

体温が下がれば免疫力も下がるので、病気に抵抗す
る力も落ちます。
冷えは身体の悲鳴とも!

 

血液の循環の滞り=血めぐり不良になると
①身体に栄養や酸素が行き渡らず代謝が悪くなる
②有害物質がたまり血管が詰まりやすくなります
③リンパ球が減って、免疫力が低下します。
といったことが起きます。

 

体調が悪くなる前に、全身リンパマッサージで

こんにちわ!一気に寒くなってしまいました。

桜が散ってしまいますね。

寒くなるとやはりどうしても気になるのが足元の冷えですね。

血のめぐりが滞れば、これらが必要な分、届きにく
くなるということです。そうなれば、イザという時
にパワーも出なくなり、体調も悪くなります。とこ
ろが、冷えと冷えによって起こる不調が頭の中で
結びつかないため「冷えている」と指摘されても
「・だから?」と反応する人も少なくありません。

老廃物を流して免疫力アップですね!

 

本日の朝の4時まで営業しております。

ご来店お待ちしております。

  • ご予約はこちら
  • 店舗はアクセスはこちら

page-top