ありがとうございました | 渋谷でリラクゼーションサロンをお探しならARONA SPA(アロナ・スパ)へ

Slider

渋谷リラクゼーションサロンならARONA-SPAへ

新着情報

2016/7/5 4:00

すっかり夏気分ですが、この時間はまだ涼しくて良いですね♪

そろそろ寝苦しくなってくる頃です(いまさら?)

睡眠時は実は汗を沢山かいています。

その量約コップ1杯分!
夏は2倍近くにもなるそうです。

気温もそうですが、問題は湿度。
湿度が高いと身体にどう影響があるのか。

そもそも何故汗をかくのか?

発汗は、眠りにつく際に集中的に行われます。
全身の汗腺から発汗すると、その気化熱で体温が0.5〜1℃下がります。
これは発汗することで深部体温をさらに下げ、寝付きやすくするための体の準備。

湿度が高く、皮膚の表面が湿っていると、汗が蒸発しづらくなります。
そのため気化熱にならずに、体温も下がりづらくなります。

睡眠時にエアコンをつけない方も多いですが、
寝始めの体温が下がる3~4時間くらいタイマーをかけておくと良いみたいです。

ジメジメ暑くて眠れない・・・とストレスや睡眠不足を溜め込むよりは、
文明の利器に頼ってみるのも手ですね!

ARONA SPAではオールハンドで施術いたしますので、
リラックス効果も高いですよ♪

涼しい店内で身も心もリラックス♪

日付変わって本日も、皆様のご来店をお待ちしております★

渋谷2号店

page-top