朝腰が痛い!寝起きの腰痛の原因はこれ!! | 渋谷マッサージ|ARONASPA(アロナスパ)

Arrow
Arrow
Slider

ARONASPA(アロナスパ)

体に効く話

2017/07/10 11:00

1、寝方が悪い

特にうつ伏せは腰に負担のかかる姿勢です。

 

仰向けで寝にくいという人は

腰回りのゆがみによって仰向けの状態では

腰が安定して床やベッドについていないから。

 

そのゆがみによってまだ腰痛は出ていなくても、

悪い寝方を続けることにより

体のゆがみが大きくなっていき、

腰痛がでてくる可能性は高いです(つд⊂)

 

寝る姿勢で何が大事かというと、

右向き左向き仰向き(上向き)

どの姿勢でも寝られるかどうか!!

 

一度試して両方の向きで寝てみましょう。

 

 

 

2、循環が悪い

腰回りの筋肉がやわらかく

循環がスムーズな人の場合は

体の血液循環がゆっくりな状態であっても

腰痛がでることはありません!

 

 

 

このタイプの腰痛には

歩く量を増やして腰回りの筋肉を

動かしてあげて循環をよくしていきましょう!!

 

お風呂に入る⇒ストレッチをする⇒寝る

という非常に簡単のことですが

一週間も続けると腰痛も改善されますよ。

 

3、食事の時間

前日の夜遅く食事をとり、

そのまますぐ寝てしまうと

内臓に非常に負担をかけてしまいます。

 

体には「内臓神経反射」という反射作用があり、

内臓に負担がかかることによって

腰や背中の筋肉が緊張して固くなってしまいます。

すると先ほど説明したように循環が悪くなってしまいます。

慢性化する前に

しっかりとしたケアをしていきましょう♪

 

  • ご予約はこちら
  • 店舗はアクセスはこちら

page-top