夏でも身体の中はキンキンです | 渋谷マッサージ|ARONASPA(アロナスパ)

Arrow
Arrow
Slider

ARONASPA(アロナスパ)

只今の案内状況

2017/6/6 12:00

こんにちわ!

アロナスパです。

 

夏といえば!ジメジメですね!

ジメジメベトベトが嫌でついエアコンの温度を低く涼しく過ごしたくなる夏。

冷たい飲み物が美味しいですね。

ですが、その身体を冷やそうとする行為!

度がすぎるとかえって身体に負担がかかります!!!

身体を冷やしすぎると、

 

1.自律神経が乱れる

自律神経は集中状態とリラックス状態を司る神経で、

血流や体調の維持にも大きく関係しています。

冷えは自律神経を乱れさせる原因の一つで、

自律神経が乱れると以下のようなトラブルを引き起こします。

  • なかなか寝付けない、夜はちゃんと寝ているのに日中も眠い
  • イライラしたり不安になったり感情がコントロールできない
  • だるさ、頭痛、胃腸のトラブルといった体調不良
  • 生理不順、生理痛が重くなるなどの子宮関係のトラブル

自律神経は女性ホルモンやセロトニンとも関係しており、

冷えが自律神経を乱れさせると上のような様々なトラブルにつながります。

夏になるといつもだるくて調子が出ないという方は、
自律神経が体調不良の原因かもしれません。

また、自律神経は発汗や体温調節も司っています。

自律神経が乱れていると夏バテや熱中症を起こしやすくなるので気を付けましょう。

2.風邪をひきやすくなる

風邪やインフルエンザなどのウイルス性の病気は

乾燥する冬にかかりやすいイメージがありますが、

夏でも体が冷えていると風邪をひきやすいです。

内臓から冷えていると免疫力が低下してしまい、

いつもならはねのけられるウイルスにも感染しやすくなるからです。

また、エアコンは空気を乾燥させるので、

常にエアコンの効いた部屋にいるとノドを痛めたりセキが出やすくなります。

3.お腹を下しやすくなる

冷たいものばかり飲食したりお腹が冷えるような服ばかり着ていると、

胃腸が冷えて動きが悪くなり消化不良や下痢を起こしやすくなります。

消化不良や下痢を起こしていると食べ物の栄養がきちんと摂取できず、

さらに体調を崩す可能性があります。

また、夏はビアガーデンやバーベキュー、

飲み会など胃腸に負担をかけやすい時期です。

イベントは思いっきり楽しんでも、

普段はあまりお腹に負担がかからないような食生活を心がけてくださいね。

 

 

最近はセキ風邪が流行ってきています。

喉が痛くなってきたら要注意ですよ!!

 

そんな免疫力の低下を阻止して代謝を挙げられるのに

マッサージがあります。

リンパの中の老廃物を流して身体の流れをよくしていけます。

 

風邪をひく前に自分の身体のメンテナンス、お時間がある時に、

疲れが取れない時に、悪化する前にパワーアップ致しましょう♪

 

  • ご予約はこちら
  • 店舗はアクセスはこちら

page-top